味噌は活性酸素も消す

味噌は活性酸素も消す

活性酸素は老化の原因と言われて久しくなりました。
体内の脂質などが酸化することにより、細胞が劣化、老化すると言うのです。
と言う事はこの活性酸素を取り込まないようにするのが、病気の予防、老化の防止になるでしょう。
元来、活性酸素を消す能力は備えてはいるはずです。
出来る事はその能力を後押しするような食品を取ることでしょう。
味噌はそういった食品なのでしょうか?
これについて実験をした結果があります。

活性酸素の一つであるペルオキシラジカルが増える環境の中に、味噌を加えてみたのです。
これで活性酸素がどうなるのかを調べたものです。
何も入れなかったものは、活性酸素は急激に増加しました。
味噌を加えた方は、活性酸素の増加が抑えられていました。

さらに同じ味噌でもより熟成された味噌の方が、活性酸素の増加はより抑えられることも分かりました。
活性酸素除去能力は、原料である大豆の成分が発酵、熟成されるほどにその能力が高まると言う事です。

また、塩分の違いについても実験してみました。
市販の味噌(塩分約12%)と塩分を約6%にした減塩味噌での結果を比較してみたのです。
塩分の低い味噌の方が、活性酸素の増加をより抑えていたのです。
これは食塩が活性酸素消去能力を妨害していると言えます。