レザージャケットの無限の着こなし方法

秋冬の季節に特に重宝するレザージャケット、昔は男性のアパレルのようなイメージも強かったですが、今は女性の為のレザージャケットも販売が盛んで誰でも着こなしやすい、そんなスタイルに変わりつつあります。そんなレザージャケット、魅力は無限大でそれらについてご紹介いたします。

レザージャケットにはこんな魅力がある

レザージャケットの魅力

レザージャケットは秋冬に特に重宝されるアイテムで、春先でも気軽に羽織れる、肌寒い時期などに重宝するファッションアイテムとして愛用されています。
昔はどこかワイルドで男性的な印象の方が強く、バイカーに主に重宝されていたり、ハードロッカーの方がたのイメージが強いアパレルでしたがいまはカジュアルに、ラフに着こなせるアイテムも盛んに売り出されているので老若男女問わず愛用される、そんなアイテムとなっています。
また加工を重ねた革製品の場合マットな効果が出ていたりと更に着こなしやすい、そんなレザージャケットが多く販売されています。
男性だけのイメージが強いものでしたがこうした加工や改良を重ねて誰でもラフに愛用していただける、そんなジャケットがレザージャケットです。
またレザージャケットは防寒としての効果が非常に高くなっており、寒い風を通さないものも多く極寒の時期にも活躍、そんなレザージャケットの魅力についてご紹介いたします。

レザージャケットは主に黒がメジャーで、汎用性も高く誰でも着用しやすい、汚れも目立ちにくいなどのメリットもあり愛用されています。
しかしブラックは確かに沢山のコーディネートに馴染み魅力はあり、初心者には特におすすめできるカラーでもありますが、今はレザージャケットも更に進化している時代、カラーバリエーションも豊富となっているのでブラックだけを選ぶのももったいないのも確かです。
ブラック以外となるとこげ茶カラーも連想しますが、こちらは確かに着こなしができると重厚感が味のある着こなしになりますが、なかなか初心者には難しい印象のあるアイテムでもあります。
いまはカラーバリエーション豊富なレザージャケット、こんなカラーもあるの?と思うような珍しいカラーもあり、それが案外着回しが利くカラーでもありますのでブラック以外を選択する時、思い切って明るいカラーを選ぶのもいいものです。
そしてそんな時におすすめなのがキャメルカラー、ライトブラウン系、ブルー等がおすすめとなっています。
レザージャケットはそれだけでしっかり全体のイメージが決まりやすいアイテムとなっています。
そのため重いカラーを持ってくると他の衣類がシンプルな場合、レザージャケットの重厚感にもっていかれがちなところもあります。
そのため敢えて華やかな明るいカラーを持ってくることにより、ほかの衣類との調和がとれて全体がまとまりやすいこともあります。
特にキャメルカラーはどんなコーディネートとも調和がとれやすく、ラフに着こなせるカラーとして人気となっており、ブラックとはまた違う印象を与えてくれます。
明るい色と言えば今はピンクや白などのカラーもありますが、汚れが目立ちやすいのと膨張色ということで抵抗のある方も多いカラーですが、キャメルの場合程よく明るく膨張しすぎない、そんな色合いなのでブラックに飽きた方はこうしたライトブラウンやキャメルカラーの取り入れもおすすめです。
またブルーも、明るすぎないブルーがレザージャケットの特徴で個性を出しつつしっかり調和しやすいカラーとして人気です。
カラーバリエーションも豊富なレザージャケット、お気に入りのカラーを見つけて愛用したいものです。

質感もさまざま、選択肢の多いレザージャケット

種類が豊富なレザージャケット

カラーも豊富ですがレザージャケットはさまざまな質感も楽しめる、そんなアイテムとなっています。
通常やや光沢があり、その鈍い光沢が重厚感となって味のある仕上がりになっているレザージャケットですが、ほかにもヴィンテージ加工やつや消し加工、ウォッシャブル加工などを施し敢えてその艶を消したり、また使い込まれたかのような加工を加えてみたりとレザージャケットはさまざまな加工が似合う素材となっています。
通常こうしたアパレルは新品の綺麗な状態が好まれることが多いですが、デニムと同様レザー素材もヴィンテージといったように古めかしい加工の似合う素材となっています。
それが絶妙な味となりレザージャケットのイメージを変えてくれるので、そうした加工のものも非常に人気となっています。
革好きな方々はこうした多様性のあるレザージャケットを質感ごとにも選んで購入し愛用、その日のファッションによって使い分けたりと楽しんでいます。
わざと汚し加工をしてあるものもあったりと、レザージャケットはどこかかっちりしたイメージが強いかもしれませんがこうした遊び心もあるアイテムとなっています。
そのためかつてから挑発的な歌を歌い、激しく自己表現をしてきたハードロッカーのかたがたにも人気アイテムだったのかもしれないです。

どう扱っても味が出る、多様性のあるレザージャケット、型式にはまることのないこれらジャケットは模様も使われている革によって異なりますのでそこでまた選択肢は増えます。
そのためしっかり模様や質感も見てその上で自分の好みのレザージャケットを見つけるのがおすすめとなっています。
同じ色でも質感や模様によってまったく違う印象があるレザージャケット、そこから自分だけのレザージャケットに段々変化していきますので購入時は長年愛用するためにもしっかり選んでから購入しておきたいところです。

長年愛用してこそのレザージャケット

長く愛用できるレザージャケット

合皮などの場合段々着用していくと劣化していき、破れなども発生していきますが本物の上質なレザーを使っているレザーの場合段々と味が出てきて、着用者の体に合わせるように伸びていき、また皺などもしっかり深く刻み込まれてより味が出る、そんなジャケットに仕上がっていきます。
最初の購入時のような美しさはなかなか維持できないものですが、レザージャケットの場合段々と出てくる味がありますのでその分愛着がわきやすい、そんな衣類となっていくのです。
着用できる年数が非常に長いので、若い時に購入したレザージャケットを未だに愛用している人も多くいらっしゃいます。
自分だけのオリジナルに着用していくごとに変化していくのがレザージャケットの魅力となっており、そのためにも一着汎用性の高いカラーを買っておき、長い年月をかけて愛用していくのも醍醐味です。
服はその時だけのもの、ワンシーズンのものがプチプラで沢山販売されていますが一方で多少値段ははっても長い間愛用できる、デニムやレザージャケットのようなものもあります。
初期にかかる費用は通常のアパレルと比べて高いものですが、その分愛着がわくまで着用し続けることもできるというのがいいところです。
なかなか長い間同じ服を着用するということも少なくなっているいま、こうしたヴィンテージとして価値も認められるレザージャケットを、自分のために購入するのも一つの楽しみといえます。
男性にも女性にもおすすめのレザージャケット、これからの自分の一点ものとして育てていく楽しみもあり、着用した年月によって自分と一緒に味が出てくる、そんな衣類として愛用していくことができます。